Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 教育 > 薬学研究科 > 主な研究分野

教育Academics

主な研究分野

薬学研究科の主な研究分野

  

講座等名

担当教員

研究分野

1)有機薬化学

教授 須貝 威

化学-酵素変換を相乗的に活用する医薬品合成

准教授 東林修平

天然由来生物活性物質の合成方法論の開発

助教 花屋賢悟

天然の酵素と人工分子触媒を組み合わせたハイブリッド酵素の開発

2)天然医薬資源学

教授 木内文之

天然医薬資源の探索と漢方の有効性に関する基礎研究

講師 成川佑次

天然医薬資源の探索と医薬品の開発

助教 植草義徳

天然医薬資源の検索、品質評価、および相互作用に関する研究

3)医薬品化学

教授 増野匡彦

生理活性フラーレン類の開発、新規抗酸化剤の開発、薬物 ・環境物質の新規代謝物検索とその生理活性の検討

准教授 大江知之

医薬品・環境物質の新規代謝物の検索および代謝的活性化 機構に関する研究

助教 高橋恭子

新規抗酸化剤の合成と医薬品としての開発

4)衛生化学

教授 田村悦臣

コーヒー摂取による生活習慣病予防の分子基盤の解析

准教授 多胡めぐみ

炎症性および造血系サイトカインのシグナル伝達経路の解析

講師 清水美貴子

健康食品の有効性・安全性の科学的評価と医薬品との相互作用に関する研究

助教 中澤洋介

水晶体の透明性維持機構の解明と眼組織の生化学・分子生物学

5)生化学

教授 長谷耕二

粘膜免疫系における宿主−微生物間相互作用の解析

准教授 金 倫基

腸内環境調整と炎症性疾患の制御に関する研究

助教 髙橋大輔

腸管上皮細胞と上皮間リンパ球の相互作用の解析

6)生命機能物理学

教授 大澤匡範

生命現象を担う生体高分子(特にタンパク質)の機能発現メカニズムの原子レベルでの解明、薬物標的タンパク質の分子認識機構の解明

助教 横川真梨子

生命現象を担う生体高分子(特にタンパク質)の機能発現メカニズムの原子レベルでの解明、薬物標的タンパク質の分子認識機構の解明

7)代謝生理化学

教授 有田誠

脂肪酸代謝と炎症の制御

助教 永沼達郎

多様な生命機能に関わる脂質代謝系の網羅的メタボローム解析

8)薬理学

教授 三澤日出巳

脳の病態と高次機能に関する分子神経生物学

准教授 奥田隆志

脳の病態と高次機能に関する分子神経生物学

講師 森脇康博

脳の病態と高次機能に関する分子神経生物学

9)化学療法学

薬学部長 杉本芳一

がん分子標的治療薬の開発とその作用機構・バイオマーカーに関する研究

准教授 野口耕司

がん分子標的治療薬の分子基盤とがん関連ウイルスに関する研究

講師 片山和浩

薬物トランスポーターの発現制御の解析

10)創薬物理化学

教授 金澤秀子

機能性高分子の分子設計と新規分離システムおよびドラッグデリバリーへの応用

准教授 長瀬健一

機能性高分子・バイオマテリアルの設計と分離システムおよび再生医療への応用

講師 伊藤佳子

ラジカル反応における抗酸化物質の相互作用に関する研究

11)薬剤学

教授 登美斉俊

組織関門トランスポーターの生理機能と薬物輸送機構の解明

准教授 西村友宏

薬物の吸収・分布・排泄速度の調節による薬物動態制御

助教 野口幸希

胎児環境制御機構解明と周産期薬物治療拡大を目指した薬物動態解析

12)病態生理学

教授 服部 豊

がんの新しい診断・治療法開発をめざしたトランスレーショナルリサーチ

准教授 松下麻衣子

悪性腫瘍に対する免疫治療法の開発

助教 市川大樹

造血器腫瘍における新規標的分子の同定および解析

13)薬物治療学

教授 齋藤英胤

消化器病および代謝疾患の病態解明と治療に関する研究

准教授 齋藤義正

がん幹細胞におけるエピゲノムとマイクロRNA異常の解析と薬物治療への応用

講師 木村真規

メタボリックシンドロームの食事・運動・薬物療法に関する研究

14)臨床薬物動態学

教授 大谷壽一

医薬品の適正使用および育薬のための基礎研究、臨床研究及び情報科学

講師 秋好健志

薬物体内動態の変動要因に関する研究

助教 今岡鮎子

消化管吸収過程における薬物相互作用に関する研究

15)医薬品情報学

准教授 橋口正行

医薬品の有効性・安全性に関する情報の創製~薬剤疫学・臨床薬理学の応用研究~

助教 丸山順也

医薬品の有効性・安全性に関する情報の研究

16)薬効解析学

教授 松元一明

医薬品の薬効評価と副作用解析に基づいた至適投与方法に関する研究

17)医薬品開発規制科学

教授 漆原尚巳

薬剤疫学、医療技術評価、および医薬品開発と市販後の規制制度に関する研究

助教 種村菜奈枝

保健機能食品、医薬品開発に係る規制制度に関する研究、医薬品開発等プロセスを対象にAIとの融合を目指した情報システムの研究開発

18)RI・分析室

薬学部長 杉本芳一

兼任

講師 森田裕子

放射線を利用した分析、 環境放射能に関連した測定法の開発と人体への影響評価

19) 薬学教育研究センター

教授 阿部芳廣

活性酸素種の分析法の開発研究、血清アルブミンの薬物結合部位に関する研究

准教授 鈴木岳之

神経及び循環器系難治性疾患の発症機序の解明、バイオ関連企業のビジネスモデルの薬学的研究

准教授 石川さと子

生理活性物質と生体分子の相互作用解析、薬学分野における専門職連携教育の効果的な実践

准教授 横田惠理子

炎症性疾患の発症機序の解析、生命倫理教育の構築と評価

助教 權田良子

天然物からの生理活性物質の探索

20)医療薬学・社会連携センター(医療薬学部門)

教授 中村智徳

和漢薬・天然由来医薬品の適正使用に関するエビデンス構築、医療薬学教育の洗練化手法の開発

准教授 鈴木小夜

化学療法における個別化薬物治療に関する研究

助教 大塚尚子

 

助教 地引 綾

 

助教 横山雄太

 

21)医療薬学・社会連携センター(社会薬学部門)

教授 山浦克典

超高齢社会における薬剤師業務および支援ツールの有用性並びに新たな薬剤師職能の創出に関する研究

助教 岩田紘樹

薬剤師による地域医療貢献におけるエビデンスの構築に関する研究

助教 藤本和子

薬剤師教育(サプリメント)、薬理学

助教 小林典子

薬剤師業務の有用性、地域医療と薬剤師の連携に関する研究

22)病院薬学

教授 望月真弓

医薬品情報解析と臨床研究による薬物治療の評価に関する研究

准教授 青森 達

自己免疫疾患治療薬の個別化薬物治療に関する研究

助教 早川智久

移植医療における新しい免疫抑制療法の開発に関する研究

このページのトップへ