Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 教育 > 薬学部 > 薬科学科(4年制) > 4年間のカリキュラム(2017年度3~4年生)

薬学部Pharmacy

4年間のカリキュラム(2017年度3~4年生)

 創薬などの高度な生命化学を教育・研究している薬学は世界に例を見ない日本独自のものです。これは日本の薬学が明治時代に始まったときからの伝統であり、創薬分野で日本の薬学は大きな貢献をしてきました。
 この伝統を引き継ぐ薬科学科は、医薬品の創製、開発、生産、さらには食品、化粧品、環境や衛生分野などの薬学関連領域での教育・研究に従事する人材の養成を目的としています。他の理系学部と同様に自然科学を学ぶことはもちろんですが、これらに加えて薬学としての特徴的科目を学べるカリキュラムとなっています。薬学の特徴的科目は医薬品など健康に影響を及ぼす化合物を考える際に必須です。高齢化社会の進行とともに健康に関心が集まり、「体」「病気」「医薬品」の科学を学んだ薬学出身者への社会からの期待に対応できる教育です。1年次の段階から卒業後の進路に密着した講義、実習が用意され、教員と密接に連絡を取りながら、教育と研究指導を受けることができます。最終学年では、それまでに修得した知識と技術を駆使して卒業研究を行い、問題解決能力を開発します。
 また、大学や企業における薬品開発や研究に従事する研究、教育者となるため大学院への進学を視野に入れて学んでほしいと考えており、大学院への飛び入学制度も設けています。

4年間のカリキュラム
4年間のカリキュラム
4年間のカリキュラム
4年間のカリキュラム
4年間のカリキュラム

このページのトップへ