Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 教育 > 薬学部 > 薬学科(6年制) > 6年間のカリキュラム(2017年度4~6年生)

薬学部Pharmacy

6年間のカリキュラム(2017年度4~6年生)

 薬学科では、薬物の適正使用に必要な知識とその進歩に追随できる科学的基盤を持ち、そして患者を最優先したチーム医療を担う薬剤師を育てることを目標としています。薬学科で学んでほしいのは薬剤師という技能だけではなく、患者の立場に立って考えることのできる医療人としての資質です。この目的でヒューマニズム、プレゼンテーション能力などに加え、患者の心を読むコミュニケーション能力、さらには医療倫理を統合的に自ら考えることを目的に低学年次に、双方向的な少人数制演習(SGL)を導入しています。その後、2、3年次は主に薬剤師にとって重要な薬の作用を理解する基礎となる基礎薬学専門科目を履修します。さらに4年次には医療薬学を中心として実務実習に出る前に統合型の医療系講義、実習を行います。5、6年次には5ヶ月の薬局および病院での実務実習を行うと共に、高度医療に対応した講義科目が用意されています。また、この間に問題解決能力を養成することを目的として、各研究室に配属されて卒業研究も行います。
 卒業後は病院薬剤師、調剤薬局薬剤師をはじめ、薬事行政や医薬品関連の企業、医療系大学教員などの方向に進みます。

6年間のカリキュラム
6年間のカリキュラム
6年間のカリキュラム
6年間のカリキュラム

このページのトップへ