Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 教育 > 教育推進プロジェクト > 大学院GP > 2010年度医学・薬学合同 サマースクール

教育Academics

2010年度医学・薬学合同 サマースクール

 平成22年7月30日(金)信濃町キャンパス・総合医科学研究棟1階ラウンジにて、大学院教育改革プログラム(大学院GP)「創薬に向けた医薬科学を先導する人材の養成」の第3回目となるサマースクールが開催された。本年度は、薬学研究科の制度変更に伴う新制大学院(薬科学専攻)の修士課程1年生8名、医学研究科の修士課程1年生16名、および博士課程学生や教員などを含めた約50名が参加した。ラウンジという講義室とは異なるオープンで明るい雰囲気の中で、学生は講演や質疑応答を伸び伸びと楽しんでいる様子であった。第1部では、3人の博士課程学生が、自己の研究成果とともに「どうして博士課程に進んだのか」という体験談を披露した。修士学生にとっては身近で興味深い内容であり、先輩の「まっすぐ」で「かっこいい」姿が、後輩の目には眩しく映ったに違いない。第2部では、2名の特別講師の講演が行われた。まず、酒井秀紀先生(富山大学大学院医学薬学研究部教授)が、消化器潰瘍や逆流性食道炎などの治療薬開発を目指した消化管イオン輸送に関する最先端の研究成果を分かりやすくお話になられた。また、これから研究に取り組む若者へのメッセージとして、前向きで積極的な姿勢の重要性と同時に、自然に対する謙虚な姿勢を持つことの重要性を強調された。続いて、塗谷睦生先生(慶應義塾大学医学部薬理学教室専任講師)が、ご自身が大学院から米国に留学された経験に基づいて、ジョンズホプキンス大学医学部大学院コース体験談をお話になられた。質・量ともに充実した米国の大学院教育システムの紹介に修士学生は刺激を受けた様子で、我が国の大学院教育のあり方へと自然と議論が移っていった。塗谷先生の、「大学院は教授ではなくプログラムで選ぶべき」とのご指摘は、我が国の大学院教育の今後のあり方に示唆を与えるとともに、大学院GPなどの大学院教育プログラムの重要性を再認識させるものであった。スクール終了後の交流会は、キャンパスの異なる学生同士が親睦を深める良い機会となり、歓談が尽きなかった。

文部科学省補助金
平成20年度研究拠点形成費等補助金(若手研究者養成費)
大学院教育改革支援プログラム(大学院GP)
「創薬に向けた医薬科学を先導する人材の養成」

「医学・薬学合同 サマースクール」

日時:2010年7月30日(金) 13:30~18:30
会場:慶應義塾大学 信濃町キャンパス
総合医科学研究棟1階ラウンジ

プログラム

開会の辞 薬学研究科委員長 増野 匡彦 教授
博士課程学生の発表 司会進行:三澤 日出巳 教授(薬学研究科)
楠澤 さやか(医学研究科 博士課程3年 解剖学)
 「新しい可能性を切り開く大学院」
森川 隆之 (医学研究科 博士課程1年 医化学)
 「Cystathionine β-synthase in astrocytes accounts for the CO-responsive vasodilatory sensor producing H2S in neurovascular units」
小泉 晶彦 (薬学研究科 博士課程3年 天然医薬資源学)
 「寄生虫由来糖タンパク質の糖鎖部分に関する合成研究」
特別講演 座長:相馬 義郎 准教授 (医学研究科)
酒井 秀紀 先生 (富山大学大学院医学薬学研究部教授)
 「創薬を目指す若手研究者へのメッセージ:消化管イオン輸送の基礎研究と創薬へのアプローチ」
塗谷 睦生 先生 (慶應義塾大学医学部薬理学教室専任講師)
 「米国大学院教育プログラム: ジョンズホプキンス大学医学部大学院コース体験談」
閉会の辞 当プログラム代表者 医学研究科 河上 裕 教授

交流会 場所:信濃町キャンパス総合医科学研究棟1階ラウンジ

当日の様子

開会の挨拶をする増野研究科委員長

研究発表と質疑応答

博士課程学生の発表(小泉晶彦さん)

参加学生からは活発な質疑応答が行われた

塗谷睦生先生(医学部薬理学)ご講演の様子

質疑応答、熱心に耳を傾ける参加学生

【交流会の様子】参加学生と先生方
左から  笠原教授(薬) ・酒井秀紀先生(富山大学) ・相馬准教授(医)

【交流会の様子】参加学生と三澤教授

このページのトップへ