Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 教育 > 教育推進プロジェクト > 医療人GP

教育Academics

医療人GP

社会的ニーズに対応した質の高い医療人養成推進プログラム 薬学生の実践型教養教育推進システムの構築 平成18~20年度 医療人GP

 平成18年度より6年制薬剤師教育が開始され、教育の目標としてヒューマニティの強化や人格の陶冶が掲げられました。すなわち、豊かな人間性、高い倫理観及びコミュニケーション能力に加えて、様々な個人の価値観を知り、医療に貢献できる薬剤師の養成が求められています。本取組は、慶應義塾大学薬学部(旧 共立薬科大学)薬学科の教育目標である「科学の基盤をもった、人に優しく尽くす、資質の高い薬剤師を育成し、社会に貢献する」ことを目標としています。
 ヒューマニティ・コミュニケーション能力の育成は、医療人としての人格を陶冶し続けるための基盤となるものであり、本取組によって、学生は患者と十分にコミュニケーションできる能力と、様々な人生観を知り、チーム医療の一員として必要な倫理観と使命感を有した、人格陶冶を自主的に行う人に優しい薬剤師へと成長します。

取組成果報告書はこちら

取組内容

 本取組では、豊かな人間性、高い倫理観・コミュニケーション能力を備えた質の高い、人に優しい薬剤師育成のための教育を目指して、下記の内容を実施しました。

3年間の成果

  1. 薬剤師としての倫理観を醸成する段階的かつ効率的な統合型カリキュラムとして、1~3年におけるヒューマニティ・コミュニケーション教育カリキュラムを構築しました。
  2. 様々な体験学習プログラムにより、学生自らが体験し、将来の医療人としての自覚を養いました。
  3. 学習支援ITネットワークシステムの構築により、学生が自ら考える時間を提供し、卒業まで、さらに卒業後も過去の学習内容をふり返り、モチベーションを維持することを可能としました。
  4. 上記の成果により、低学年から高学年まで、全学年にわたってヒューマニズム教育を展開することが可能となり、薬学生が持続的に、かつ自律的に医療人としての倫理観を醸成していくことが期待されます。
全学年にわたるヒューマニズム教育の展開

全学年にわたるヒューマニズム教育の展開

Information

09.09.10 医療人GPの取組成果報告書を掲載しました。

このページのトップへ