Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > お知らせ > JST ERATOプロジェクトの研究総括に有田 誠 教授が選定されました

お知らせNews

JST ERATOプロジェクトの研究総括に有田 誠 教授が選定されました

在校生の方卒業生の方企業・研究者の方 2021/10/05

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ERATO)の研究総括に
有田 誠 教授(代謝生理化学講座)が選定されました。研究領域は「リピドームアトラス」です。


JSTプレスリリース:
科学技術振興機構報第1526号「戦略的創造研究推進事業における令和3年度新規研究総括および研究領域の決定について」


研究領域「リピドームアトラス」の概要

脂質は生体膜を構成し、エネルギー源としての役割に加え、シグナル分子やその前駆体として働く多彩な役割を担う生体分子です。さらに、その脂質の特性は、「単独の分子が生理活性を有するもの」と「分子集合体として場の制御にかかわるもの」に分けることができます。このような生理機能を担う脂質分子には構造多様性が存在し、生体内でどのように認識され、利用されているのかを分子レベルで理解することが重要です。また、脂質代謝異常が多くの疾患の背景因子であり、また脂質分子の中には生理活性分子が多く含まれていることから、新たな創薬シーズの発見や、早期診断・治療などの医学応用につながる可能性があります。

そこで本研究領域では、生命の脂質多様性および分布・局在・脂質修飾を総体として捉える「リピドームアトラス」を創出し、特定の脂質が作り出す局所環境が多細胞システムの動態や機能に及ぼす影響の解明・可視化を実現します。さらに、生体内での脂質多様性の制御やその局在を調節する機構の解明、発生・炎症・免疫・老化・がんなど脂質多様性の制御が司る様々な生命現象の理解、およびその破綻による疾患解明を目指します。


ERATO.JPG



研究グループ

  • 脂質多様性グループ
  • 脂質機能ゲノムグループ
  • 脂質機能タンパク質グループ
  • 脂質情報解析グループ
  • 脂質生命機能グループ


プロジェクトヘッドクオーター

〒105-8512 東京都港区芝公園 1-5-30
慶應義塾大学薬学部3号館 703

このページのトップへ