Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 概要 > 学部長からのメッセージ

概要Outline

学部長からのメッセージ

sugimoto1-1.png

薬学部長 杉本 芳一

慶應義塾大学薬学部は、豊かな人間性と高い専門性をもつ、優れた薬剤師、薬学研究者の養成を目指しています。

本学部は6年制の「薬学科」と4年制の「薬科学科」の2つの学科を有しています。薬学科では「科学の基盤をもち、医療人としての自覚のもと、高い臨床能力を発揮できる、人に優しい薬剤師の育成」を目的としています。薬剤師に必要な専門的知識・技能の習得とともに、高い倫理観と患者への思いやり、チーム医療における協調性と責任感などがしっかり身に付くように教育を行います。また卒業研究では、問題発見・解決能力およびプレゼンテーション能力を培います。卒業生は薬剤師の資格を取得し、病院や薬局などの医療現場のみならず、製薬企業・臨床試験実施機関・行政など多方面で活躍しています。また卒業生の一部は4年制の大学院薬学専攻博士課程に進学してその専門性を高めて、指導的な薬剤師や薬学分野の研究者・教育者を目指します。

薬科学科では「創薬、臨床開発、環境・生命科学などの幅広い分野における科学者の育成」を目的としています。生命科学を中心とした自然科学に加えて、薬学に特徴的な科目による医薬品や医療についての教育を行います。また薬科学科の卒業研究は、大学院での研究および卒業後の進路にもつながる、研究者としての重要な第一歩です。卒業生の多くは大学院薬科学専攻に進学して修士・博士の学位を取得します。その進路は、薬学・化学・食品・化粧品・バイオ工学などの研究者や、行政・商社・金融・ITなど多彩な分野に広がっています。


このように卒業生が多方面で活躍できる所以は、「薬学」が、有機化学、物理化学、生物化学、環境・衛生化学、臨床薬学、社会科学などを幅広く学ぶ学問であるためです。こうした多様性のある人材の育成の場として、慶應義塾ほど相応しい場はありません。義塾は様々な学部・学科を有し、日本でも屈指の教授陣を誇っています。本学部は義塾の総合大学である強みを活かし、豊かな人間性を育む充実した教養教育と、優秀な教授陣による専門教育を行っています。特に、学部における医療系三学部合同のインタープロフェッショナル教育、大学院におけるMBA(経営学修士)の取得を目指す経営管理研究科とのジョイント・ディグリープログラムや医学研究科との創薬研究者プログラムなどは、まさに義塾の特徴を活かしたプログラムと言えると思います。また、総合大学の強みは研究面でも活かされ、医学研究科、理工学研究科、健康マネジメント研究科などと連携した研究プロジェクトが数多く行われています。


塾祖である福澤諭吉は教育の理念について、いくつもの重要な言葉を残しています。その中に「実学」と「自我作古」があります。「実学」は科学を単なる知識ではなく実際の行動に活かせるように学ぶことを、「自我作古」は前人未踏の分野に果敢に挑戦するという開拓の精神を現しています。義塾のこうした精神の薫陶を受けた人材が、日本のそして世界の「未来を先導する薬剤師、薬学研究者」として活躍することを期待しています。

このページのトップへ