Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 概要 > 学部長・研究科委員長からのメッセージ

概要Outline

学部長・研究科委員長からのメッセージ

kanazawa_1.jpg

薬学部長 金澤 秀子

『未来医療に貢献する薬学サイヤンス』を学ぶ

Learn pharmaceutical science to contribute to future medicine

 慶應義塾大学薬学部・薬学研究科は、福澤諭吉の『実学の精神』、『独立自尊』、『自我作古』の精神に則り、薬学分野において薬剤師や研究者として活躍できる先導者の輩出を目指しています。 現在、少子超高齢社会の到来などの社会的問題が顕在化する一方で、再生医療、ゲノム創薬など次世代医療の時代を迎え、医療・創薬を取り巻く環境が大きく変化しています。 このように激変する社会環境においても、本学部・研究科で『薬学サイヤンス』の基盤を習得し、専門性を活かし、『自我作古』の精神をもって自らの力で前人未踏の未来医療を切り拓く人材の育成を目指しています。


薬学部・薬学研究科の教育の特徴

 本学部は薬剤師を養成する「薬学科」と薬学研究者を養成する「薬科学科」の2つの学科において特徴あるプログラムにより、病院、薬局において指導的役割を担う優れた薬剤師、行政や製薬企業においても指導的役割を担う人材、国際的に活躍するグローバルな薬学研究者の育成を目標としています。

 総合大学である慶應義塾の特徴を活かし、1年生は主に日吉キャンパスで他学部の学生とともに教養科目を学びます。物理化学や有機化学などの「化学」を基盤とした学部教育は、将来専門性の高い分野で活躍するための科学的思考の基盤となります。 研究において重要であるばかりでなく、医療の場においても薬剤師が「化学的な視点」に立って優れたPharmaceutical careを行うために必要です。

 「薬学科」では科学の基盤をもち、医療人としての自覚のもと、高い臨床能力を発揮できる、人に優しい薬剤師の育成を行います。 医師や看護師と協力し医療現場で活躍できる学際的知識を持った高度な専門職としての薬剤師を養成するため医療系3学合同のインタープロフェッショナル教育を行っています。 将来医療専門職チームとして互いに連携して高度化する医療に貢献するために重要な教育です。 実務実習を修了した学生が、さらに病院での研鑽を積むために、希望して国内や海外での1~3か月のアドバンス実習を行うことができます。 海外の病院においても単なる見学ではなく、実際に病院で研修ができるプログラムです。 科学の基盤をもち、医療現場での問題を発見し、解決することができるPharmacist scientistを育成します。

 「薬科学科」では、創薬、臨床開発、環境・生命科学などの幅広い分野における科学者の育成を行います。 入学直後から、研究室における薬学研究を体験するプログラムや製薬企業や研究所の見学を通じて、将来目標とする創薬研究者についての知識を深めることができます。 薬科学科の多くの学生は大学院に進学し、さらに研究者としての専門性を高めます。

 「大学院薬学研究科」では、希望する研究室で様々な薬学専門分野の研究を行います。 医学部と連携して、慶應病院での臨床体験や相互の研究室を訪問するラボツアー、さらに医学研究科生と合同のサマースクールを開催しています。 研究は未知なるものへの挑戦であり、大学院での研究を通じて、学生は科学そして将来社会の問題を発見し、それを解決する能力を身につけることができます。 多くの学生が研究成果をそれぞれの専門分野の学会で発表し、国際学会での受賞をはじめとして、国内外で高い評価を受けています。

 本学部・研究科では、学生の多様性を尊重し、米国の食品医薬品局(FDA)での短期研修など様々な国際交流のプログラムを提供しています。 また、米国やタイなどの海外の提携校から多くの学生(交換留学生)を受け入れ、セミナーや研究室での研究体験などを通して学生と交流しています。 今後も国際交流プログラムをさらに充実させ、グローバルに活躍できる人材の養成に力を入れていきます。


卒業・修了後の進路

 現在、薬学部学生・院生の進路は、病院、薬局から製薬企業、行政、シンクタンクまで大変幅広くなっています。 多様な学生のキャリアプランに合わせて、進路の選択肢を増やすためにも総合大学の強みを活かした教育・支援を行います。 薬学のidentityを認識し、他学部・研究科と異なる薬学部・薬学研究科の強みを就職活動でも活かせる教育を行っています。 また卒業生に対しても生涯学習教育や学位取得を目指す方のために社会人大学院生も受け入れています。


 慶應義塾大学薬学部・薬学研究科は「未来医療に貢献する薬学サイヤンス」を学ぶ意欲ある学生と教職員が集う活気あふれるキャンパスです。

このページのトップへ