Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 概要 > 学部長・研究科委員長からのメッセージ

概要Outline

学部長・研究科委員長からのメッセージ

薬学部長 三澤 日出巳

薬学部長
薬学研究科委員長
三澤 日出巳

本学部は6年制の「薬学科」と4年制の「薬科学科」の2つの学科を有し、医療の最先端で中心的役割を担う優れた薬剤師、行政や製薬企業において指導的役割を担う人材、国際的に活躍するグローバルな薬学研究者の育成を目標としています。「薬学科」では、科学の基盤をもち、医療人としての自覚のもと、高い臨床能力を発揮できる人に優しい薬剤師の育成を行います。医師や看護師と協力し、医療現場で活躍できる学際的知識を持った高度な専門職を養成するために、医療系3学部合同のインタープロフェッショナル教育を行っています。「薬科学科」では、創薬、臨床開発、環境・生命科学などの幅広い分野における科学者の育成を行います。入学直後から、研究室における薬学研究を体験するプログラムや、製薬企業や研究所の見学を通じて、将来目標とする創薬研究者についての知識を深めることができます。薬科学科の多くの学生は、大学院に進学し、さらに研究者としての専門性を高めます。

「大学院薬学研究科」では、薬学専門分野の研究を行います。研究は未知なるものへの挑戦であり、大学院での研究を通じて、科学そして将来社会の問題を発見し、それを解決する能力を身につけることができます。多くの学生が、研究成果をそれぞれの専門分野の学会で発表し、国際学会で受賞するなど、国内外で高い評価を受けています。

多様な学生のキャリアプランに合わせて、進路の選択肢を増やすためにも、総合大学の強みを活かした教育・支援も特徴となっています。

薬に関するサイエンスは、疾患治療により人類の幸福に貢献することを目指しています。慶應義塾大学薬学部・薬学研究科は、サイエンスを究め、画期的な創薬により社会を先導する、志高い学生と教職員が集う活気あふれるキャンパスです。

このページのトップへ