Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 研究 > 研究室紹介 > 薬理学

研究室紹介Research Laboratory

薬理学

教授三澤 日出巳

准教授奥田 隆志

専任講師森脇 康博

研究紹介動画外部リンク


脳の高次機能と病態に関する研究

概要

脳の病気のうちで、アセチルコリン神経系の異常がアルツハイマー病などの多くの神経変性疾患で知られています。我々は、アセチルコリン神経系を中心に、脳の高次機能がどのように形成され、さらに様々な病態下ではどのように障害を受けているかについて研究をしています。神経系の病気を起こすリスク・ファクターの最たるものは老化であることが分かっています。高齢化に伴う脳・神経系の障害を克服し、人が健やかに一生を過ごせることに役立つ成果を目指して研究をおこなっています。

脳から取り出して、試験管内で培養した神経細胞

脳から取り出して、
試験管内で培養した神経細胞

このページのトップへ