Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 研究 > 研究室紹介 > 創薬物理化学

研究室紹介Research Laboratory

創薬物理化学

教授金澤 秀子

准教授長瀬 健一

専任講師伊藤 佳子

研究紹介動画外部リンク

講座ホームページへ外部リンク
薬剤師のための健康食品の情報提供に関する研修システム外部リンク

新しい薬物送達・分離手法の創製。抗酸化物質の機能解析

概要

物理化学は、薬学の様々な専門領域において基礎となる学問です。近年のライフサイエンスの発展に伴って薬学で必要とされる知識は膨大ですが、体系化された知識として物理化学の重要性は益々強く認識されています。現在、薬と生体との相互作用を考察する新しい創薬物理化学が求められています。本講座では、バイオミミックな機能性高分子を開発し薬学への応用について検討しています。例えば、まわりの環境変化にすばやく応答する機能性高分子を開発し、抗がん剤の薬物送達システム(DDS)や環境にやさしい分離システム(クロマトグラフィー、固相抽出カラム)のバイオセパレーションへの応用、生体可視化蛍光プローブについて研究しています。また製剤分析の他、複数薬物併用時の薬効・副作用を研究するため生体中薬物濃度の超高速分析法の開発、さらに抗酸化物質(ビタミンEやポリフェノールなど)のがんや老化の原因となる活性酸素やラジカルに対する防御機構について研究しています。

このページのトップへ