Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 研究 > 研究室紹介 > 薬物治療学

研究室紹介Research Laboratory

薬物治療学

教授齋藤 英胤

准教授齋藤 義正

専任講師木村 真規

研究紹介動画外部リンク

新しい時代の薬物治療を担う薬剤師、研究者を目指して

概要

薬物治療学講座は、薬学と医学を結ぶ医療薬学系講座としての使命を持っています。薬学の大きな目的の一つは、人の病気を治す薬を創ることに加え、病人と向かい合う姿勢も大切です。どんなに優れた薬があっても患者さんや医師のニーズに適切に対応するクスリでなければなりません。すなわち根底には疾病構造や疾病そのもの、そして人間性の理解が求められます。当講座では将来、医薬、食品、病院、薬局などで直接、人と関わり活躍する上で、必要な知識習得の機会を創っていきます。
現在私たちは主に、体の恒常性に重要な代謝に関する研究を行っています。すなわち肝臓、筋、脂肪組織を中心に据えて、将来的に重要な疾患、時代に即した疾患、それから消化器癌に焦点を当てて、bench-to-bedを目指して病態の理解や創薬への橋懸かりを探索しています。また健康寿命の延長に貢献できる研究を目指しています。研究の中心にはエピジェネティクスを掲げて、遺伝子発現変化におけるエピゲノム変化やmicroRNA発現変化を追求しています。そして薬物による副反応について理解を深め、いかにそれを克服するか新たな方法を見つけたいと考えています。
私たちは、21世紀に望まれる優れた薬剤師、研究者、そしてそのリーダーを育成したいと考えておりますが、まだできたての講座ですので、興味を分ち合える人と一緒になって考え、チャレンジしながら新しい講座を充実させていきたいと考えています。若い力の参加を心からお待ちしています。

DNAメチル化とヒストン修飾の異常によるがん抑制遺伝子の不活化とエピジェネティック治療

DNAメチル化とヒストン修飾の異常によるがん抑制遺伝子の不活化とエピジェネティック治療

このページのトップへ