Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 研究 > 分子標的創薬研究開発センター > 分子生物系機器室

研究Research

分子生物系機器室

分子生物系機器室

細胞内イオン測定装置

型式 :日本分光CAF110

蛍光プローブを用いて、細胞内の各種イオン濃度を生きたままリアルタイムに測定。2波長励起、2波長蛍光測定ともに可能であり、fura2、indo1を用いた細胞内Ca2+ 測定をはじめ、pH、Na + 、Mg 2+ の測定や、血小板凝集の同時測定も可能。

分子生物系機器室

自動細胞解析装置(FACS)

型式 :日本ベクトン・ディッキンソン FACS Calibur

細胞粒子の浮遊液にレーザー光を照射し、発生する蛍光や散乱光をキャッチして細胞内DNA量などの状態を解析する装置。

このページのトップへ