Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 研究 > 研究室紹介 > 共通機器室

研究室紹介Research Laboratory

共通機器室

顕微鏡室

顕微鏡室

共焦点レーザー顕微鏡

形式:オリンパス FV1000D

基本仕様の倒立型システムです。タイムラプス、タイリング、3Dイメージ構築などの機能を備えています。

細胞培養室

細胞培養室

クリーンベンチ

形式:サンヨーMCV-B131F

低圧損HEPAフィルタ、オールステンレス製(SUS-304)内装、分散吸込方式、エアーカーテン機構を備えたクリーンベンチです。

細胞培養室

液体窒素ヂュワーフラスコ

形式:ローケーター8プラス

超音波を利用して液体窒素の液面を感知する監視装置をとりつけた、断熱性を有するアルミニウム凍結保存容器です。

分子生物系機器室

分子生物系機器室

自動細胞解析装置(FACS)

型式:日本ベクトン・ディッキンソン FACS ARIAⅢ

液体中を流れる細胞や粒子などにレーザー光を照射して得られる散乱光や蛍光を測定し、個々の細胞や粒子の特性を解析して特定の細胞などを分取する装置です。5レーザーを搭載。高性能解析、高性能ソーティングが可能です。

分子生物系機器室

リアルタイムPCR

型式:BIORAD CFX96

設定温度到達後10秒以内に±0.4℃に到達する卓越した温度均一性を持っており、これによりウェル位置を問わず均一な増幅が可能です。
光学部分では長寿命6LEDと6フォトダイオード検出器が搭載されたオプティカルシャトルが全ウェルを走査して検出するため、最短の光路で効率よく高感度かつウェル間のクロストークなく蛍光検出が行えます。
最も汎用的に使用される96ウェルフォーマットで、最大5蛍光検出が可能です。

暗室・低温実験室・振盪培養器室

暗室・低温実験室・振盪培養器室

暗室

全景

暗室・低温実験室・振盪培養器室

低温実験室

全景

暗室・低温実験室・振盪培養器室

振盪培養器(万能ラック付)

型式:NBS イノーバ4230

ベンチタイプのシェーカーで2台まで積み重ねることができ、動物細胞や酵母、大腸菌などのバクテリア培養などの強いスピード振盪に利用可能です。コンピュータ制御により室温-20℃(最低4℃)~80℃まで0.1℃毎の設定が可能で、様々な細胞の培養に利用できます。

組換えDNA実験室

組換えDNA実験室

安全キャビネット

型式:Panasonic MHE-S1301A2-PJ

クラスⅡタイプA2型のバイオハザード対策用キャビネット。
低圧損HEPAフィルター・ステンレス鋼板内装。集塵効率99.99%。
清浄度クラス100。インバーター制御のファンモーターと風速センサーで、ファンスピードの自動制御が可能、常に安定した適切な気流バランスを保ちます。

組換えDNA実験室

炭酸ガスインキュベータ

型式:SANYO MCO-19AIC(UV)

温度:周囲温度+5度~50度、CO2濃度:0~20%の設定が可能な、炭酸ガス細胞培養装置です。

遠心機室

遠心機室

超遠心機

型式:日立 CP80WX

最高回転速度80,000rpm、最大遠心加速度615,000×g。
温度設定範囲0度~40度、サーモモジュール冷却。

NMR室

NMR室

FT-NMR(ECP600)

型式:日本電子JNM-ECP600

主として、化合物中の水素や炭素に関する情報を得るために使用されます。有機化合物の構造を確認、決定するための手段として、最も重要な装置です。

NMR室

FT-NMR(400MR)

型式:Agilent 400MR

化合物中の水素や炭素に関する情報を得るために使用されます。有機化合物の構造を確認、決定するための手段として重要な装置です。

GC-MS室

GC-MS室

磁場型GC-MS(MS700)

型式:日本電子JMS-700

低・高分解能の質量測定により、分子の質量・分子式の情報を得る装置です。

精密機器室

精密機器室

FT-IR

型式:日本分光 FT/IR-4700

フーリエ変換赤外分光光度計。干渉計内部の移動鏡にコーナーキューブミラー使用、干渉計のコントロールはデジタル制御します。
近赤外から遠赤外までの広範囲測定が可能です。

精密機器室

四重極型GC-MS

型式:日本電子JMS-Q1500GC

低分解能の質量測定が簡単に行えます(GCによる導入のみ)。分子の質量情報を得る装置です。

精密機器室

飛行時間型MS(PSD/TOF-MS)

型式:島津AXIMA-CFR Plus

広範な検体のイオン化が可能なマトリックス支援レーザーイオン化(MALDI)と、測定分子量範囲の広い飛行時間型(TOF)質量分析部を組み合わせた汎用型の高分解能・高精度な質量分析装置です。
シームレスなPSD(MS/MS測定)が可能です。自動測定機能ソフトウェア(IntelliMarque)を搭載しています。

LC-MS室

LC-MS室

LC-MS/MS

型式:島津 8050

トリプル四重極型質量分析計。
高速の高感度定量、短時間の多成分一斉分析、定性と定量の同時分析が可能です。

RI実験施設

RI実験施設

液体シンチレーションスペクトロメータ

型式:日立LSC-7200

放射線により液体シンチレータ(LS)から発生する蛍光を検出して定量を行う機器です。
LS溶液と混和するのみでα線や低エネルギーβ線を効率よく測定できるため、特に、生体構成物質の標識に用いられる3Hや14Cの測定に欠かせません。

RI実験施設

イメージングアナライザ

型式:富士フィルムFLA7000

放射能の2次元強度分布の測定を行う装置です。
RIで標識した試料をイメージングプレートに密着して放射線のエネルギーを蓄積後、レーザー照射して蛍光を検出します。生体内分布の観察や遺伝子解析に利用されます。

RI実験施設

セルハーベスタ

型式:パーキンエルマFilterMate-96

マイクロプレートのウェル内の検体を測定用フィルタに捕集する装置です。RI標識体の存在下で培養した細胞等を、96ウェルマイクロプレートから安全にフィルタに捕集し、洗浄します。

このページのトップへ