Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 研究 > 分子標的創薬研究開発センター > 精密機器室

研究Research

精密機器室

精密機器室

FT-IR (SPX-60)

型式 :日本電子 SPX-60

フーリエ変換赤外分光光度計。観測領域は0~7000cm-1(デュラスコープでは550cm-1~)です。

精密機器室

四重極型GC-MS

型式 :日本電子AUTOMASS SUN200

低分解能の質量測定が簡単に行えます(GCによる導入のみ)。分子の質量情報を得る装置です。

精密機器室

飛行時間型MS(PSD/TOF-MS)

型式 :島津AXIMA-CFR Plus

広範な検体のイオン化が可能なマトリックス支援レーザーイオン化(MALDI)と、測定分子量範囲の広い飛行時間型(TOF)質量分析部を組み合わせた汎用型の高分解能・高精度な質量分析装置です。
シームレスなPSD(MS/MS測定)が可能です。自動測定機能ソフトウェア(IntelliMarque)を搭載しています。

精密機器室

旋光計

型式 :日本分光DIP-1000

キラル構造の決定、旋光度の測定ができます。

このページのトップへ