Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 教育 > 教育推進プロジェクト > 大学院GP > 鶴岡キャンパス研修

教育Academics

鶴岡キャンパス研修

 平成21年9月16日(水)~17日(木)、慶應義塾大学先端生命科学研究所(鶴岡キャンパス)に於いて、大学院教育改革支援プログラム(大学院GP)の一環として、医・薬研究科の修士課程の学生を対象とした研修が行われ、大学院学生12名(医6名、薬6名)、教員4名(医・薬2名ずつ)が参加しました。鶴岡キャンパスでは、異分野の専門家が積極的にコラボレーションして生体や微生物の細胞活動を網羅的に計測・分析し、その解析にコンピュータシミュレーション技術などを応用して包括的に理解するという新しい研究分野「統合システムバイオロジー」を推進しており、特にメタボローム解析技術では世界最高峰の研究レベルを持つパイオニア的研究拠点であることが知られています。今回は2日間にわたり、鶴岡キャンパス内のメタボローム研究棟やセンター棟の見学とともに、医学系と薬学系の院生とともに同キャンパス内で研究を実践している教員・研究員、大学院学生、環境情報学部在籍の学生、ベンチャー企業の研究発表が行われ、専門の異なる学生同士が議論するという試みが行われました。その後の宿泊施設内でも教員、学生同士の異分野交流が活発かつ和やかな雰囲気で進展し、冨田所長をはじめ他学部の教員や学生の考えなどに直接触れ、薬学系の院生はもちろん参加者全員が鶴岡キャンパスのもつサイエンスに対する自由な発想と情熱にエンカレッジされました。

冨田所長(左)のご案内で、鶴岡キャンパス内メタボローム研究棟を見学。

学生の研究発表では、活発なディスカッションが行われ、交流を深めた。

医・薬大学院生12名、教員4名が研修に参加した。(鶴岡キャンパス内センター棟前にて)

このページのトップへ