Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 研究 > 研究室紹介 > 医薬品化学

研究室紹介Research Laboratory

医薬品化学

教授増野 匡彦

准教授大江 知之

助教高橋 恭子

研究紹介動画外部リンク


概要

有機化学をベースに自分たちでデザイン、合成した化合物の生理活性などを検討し、新規医薬品リード化合物の開発および既存薬物や環境物質の毒性発現機構の解明などを行っている。具体的な研究テーマを以下に示す。

新規炭素同素体フラーレンの応用研究

新しい炭素化合物であるフラーレン類の化学的性質に基づいた抗酸化活性や抗菌作用、さらには抗HIV、抗C型肝炎ウイルス活性を見出しており医薬品リード化合物の開発を目指すとともに、新たな炭素素材の開発も行っている。

新規抗酸化物質の開発

活性酵素・フリーラジカルを消去する抗酸化剤は新たな薬の候補と考えられているが、現在抗酸化活性が主作用と認められている薬は一つしかない。そこで、従来のものとは異なる骨格を有する新規抗酸化剤を創ることにチャレンジしている。

薬物代謝酵素シトクロムP450による薬物、環境物質の活性化

体の中に入ってきた薬物や環境物質はどのように構造が変化するのか有機化学的に研究し、それら代謝物の生理活性や毒性を検討している。これを基に新規薬物の検索や、安全性の高い改良型医薬品の創製を目指している。

このページのトップへ