Keio University Faculty of Pharmacy 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科

情報の窓(学内向)English

お問い合わせサイトマップアクセス

Menu
ホーム 概要
教育 研究
教員 キャンパス
お問い合わせ サイトマップ
情報の窓(学内向) English

HOME > 研究 > 研究室紹介 > 病院薬学

研究室紹介Research Laboratory

病院薬学

教授望月 眞弓

准教授青森 達

助教早川 智久

概要

病院薬学講座は最も臨床に近い講座です。

本講座の教員は薬剤部の業務を兼務する現役の薬剤師です。慶應義塾大学病院と慶應義塾大学病院薬剤部を主な教育・研究のフィールドとします。



先導的薬剤師を養成します。

本講座では医療現場で活躍できる先導的薬剤師の養成を目指します。先導的薬剤師は高度な臨床能力だけでなく、自らエビデンスを生み出す研究能力を持つ必要があります。本講座では研究活動を通してこれらの能力を養成します。大学病院での臨床業務・臨床研究で得た経験は、病院・薬局はもちろん、製薬企業においても有用です。



臨床の現場は研究課題にあふれています。

本講座では薬物療法を改善し患者さんにより有効で安全な医療を提供するために、薬剤部・診療科と連携した臨床研究を展開します。疫学的手法、臨床薬理学的手法を駆使し、得られた研究成果を患者さんの薬物療法にフィードバックします。


おもな研究テーマを以下に列挙します。

  • 薬剤師業務のエビデンス構築
    薬剤師による服薬指導が治療効果に与える影響についての解析抗がん薬調製時および投与時の暴露対策の確立

  • 薬剤疫学的研究
    高額医薬品の費用対効果比に関する疫学的研究
    データベースを用いた薬物治療応答性、副作用発現頻度に関する調査

  • 薬物療法の個別化
    電子カルテ情報を用いた副作用発現のリスク因子の解析
    リウマチ性疾患治療薬の応答性に関する個人差の要因解析
  •  

CPS_il001.jpg

このページのトップへ